違和感の無い自然な着け心地~コンタクト通販


                    top > コンタクトの通販情報 > 通販で買う買わないにかかわらずコンタクトは目の検査が必要

通販で買う買わないにかかわらずコンタクトは目の検査が必要

 視力補正をするためのアイテムの1つにコンタクトがありますが、これは実店舗以外に通販でも購入できるなど購入ルートの選択が多様化が進んでいます。誰しもができるだけ安く買いたいなかで通販業者の一部では眼医者で診断した結果の書類、世間では処方箋と言われてますが、それの提出をしなくても購入可能と宣言をしています。そのため購入者にしてみれば利便性が高まることになります。その眼医者の診断書が要らない理由の1つは法律自体が診断書なくても販売が可能となっているからです。これまでは万が一何か目にトラブルが生じたことを懸念して業者側が自主規制をしてきたためでもありました。しかしこの診断書の提出不要は一部の利用者にはある意味で誤解を与えることにもなります。そしてその結果としてコンタクトの装着次第で目の状態が悪化してしまった事例も多数に上ります。

 目の状態が悪化した理由の1つは正しくコンタクトの使用ができていなかったためとなります。例えば使用期限を守らずに期限を超えて使い続けたり、レンズやレンズケースの消毒洗浄を毎日行わないまま使用し続けたりなどとなります。その誤った使用を続けた結果として、目にキズが入るなどして失明の危機が訪れたり、感染症にやられたりなどの症状が発生することとなります。これを防止するには製品の指示通りに正しい使用法を厳格に実行しないとなりません。もう1つは目の形に沿ったレンズを使用していなかったためとなります。同じ視力でも目の形状は1人1人違うし、左右同じとは限らないからです。そのため度数だけチェックしていると、形状が不適切でトラブルになる可能性があります。これらを防止するには眼医者での定期的な検査も重要視されることとなります。

 というのは眼医者での定期的な検査を実行していないと気が付かないうちに目の症状が悪化しているかもしれないからです。結局のところ診断書不要の通販で買う買わないに関わらず安全のために眼医者での検診を行う必要が生じます。しかし現実には目の検査だけを実行してくれる眼医者は少数派となっています。その理由には複数ありますが、1つは採算が取れにくいこと、もう1つはその眼医者で販売してくれるコンタクトレンズを購入してほしいなどが挙げられます。そのため目の検査を行うには医者とのトラブルを防止する一環として、まずはその眼医者でコンタクトを購入することから始まります。そのレンズを購入してメーカーや品番などを確認し、装着して問題がなければ通販で購入するスタイルが目のトラブルを抑えられる無難な選択肢となります。もちろんその後も眼医者での定期的な検査がありますから、検査を行うたびにそこでレンズを購入するスタイルの繰り返しとなります。なお目の定期的な検査は3か月に1回ほどくらいとされます。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ