違和感の無い自然な着け心地~コンタクト通販


                    top > コンタクトの通販情報 > ネット通販のコンタクトレンズが安い理由とは

ネット通販のコンタクトレンズが安い理由とは

 安い値段がアピールポイントのコンタクトレンズのネット通販ですが、安い価格で売れるにはしっかりした理由があります。まず第一に、運営コストが安い点が挙げられます。 コンタクトレンズのネット通販は現実の上で店を構えていません。店を構えると家賃であるとか、スタッフなどの人件費がかかります。 オーソドックスな店はこうした運営費用を価格に上乗せします。 反面、ネット通販の場合はホームページ上に商品に関する情報が記載されていることから、商品説明を行うことは不要です。 度数やベースカーブといった情報は、あらかじめ眼科などで測った上で購入してもらうようになっていますので、目の検査、あるいは試着などを実施するためのスタッフは不要です。オーダーや在庫管理もPCでできますので、その分だけコンタクトレンズを安い価格で販売できます。

 また、眼科と提携することが要求されず、眼科に対しての提携に関するコストが必要ないので、ネット通販は安い価格で販売可能です。眼科とタイアップするためには、眼科のすぐ近くに実際の店舗を構えたり、或いは眼科と提携していることを提示するアピールを行ったりすることになります。 眼科を自分の会社でマネジメントする場合は、眼科医、あるいは看護師を雇い入れることが義務付けられ、なお一層費用が必要になります。 反面通販サイトにおきましては、処方箋の提示が求められず、過去において眼科で測ったデータ数値をもとに買ってもらうため、眼科と共に取り組むことが求められません。 眼科との提携に求められるコストが不要となりまして、その分だけコンタクトレンズの販売価格を値引きすることが出来ます。

 また、仕入れに関するコストが安い点も挙げられます。 取扱店がコンタクトレンズを仕入れるケースでは、それぞれの店にコンタクトレンズを運ぶ必要があり、コストがかかります。ネット通販のケースでは、倉庫を利用することによってストック品を一括管理していますから運搬費が軽減されます。 加えて実際の店舗での販売のケースでは、間に中間業者が入っていたり、工場サイドからの運搬代金がかかったりと、多種多様なコストがかかってしまうことがあります。要するに、実際の店舗での販売と通販では、コストのかかり方の相違がとても大きいといえるわけです。 商品そのものは、いずれのルートで購入したとしても同じものでクオリティーの相違などはありませんから、心配することなく購入することが出来ます。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ